洗ってるのにクサくて悩んでいる方へ

大切な人と一緒の時や人が大勢いる場面で、足の臭いがプーンと臭ってくる。
こんな最悪なことないですよね。

足の臭いは足の裏の汗が関係しているので、意識したり緊張したりすると余計臭ってしまう傾向にあります。
お座敷での飲み会や家デート、ホームパーティーにお呼ばれなど、足の臭いが心配なシーンは次から次にやってきます。

足の臭いって本当にデリケートで深刻な悩みです。
もしかしたら、あなたも次のようなことで悩んでいませんか?

石鹸で洗っても、消臭スプレーしても、また足が臭ってしまう。
これまで足の臭いを消すためにいろいろ試したけど、どれも効果がなかった。

足の臭いがなかなか改善できないのは、足だけの偏った対策が原因かもしれません。
足の臭いを改善するには、足だけでなく履くものや生活習慣などへの対策も大切です。

足の臭いについてよく知らずに、ただ単に足を洗ったり、スプレーしたりしているだけでは臭いは消えませんよ。
正しい知識を知り、正しい方法を実践すれば足の臭いは改善できます。

頑固でしつこい足の臭いを消すための対策法をご紹介します。

足が臭う原因って何?

足の臭いを改善したいなら、臭う原因を知っておくのが先決ですよね。
足の臭いは、汗が臭っていると思っていませんか?

汗は足の臭いに大きく関わっていますが、汗自体が臭っているわけではありません。
足の臭いは、足にいる常在菌が繁殖し、汗と一緒に流れ出た皮脂や古い角質を分解するときに発生します。
汗をかいている足に菌が加わるとことで、臭いを発するようになるのです。

足に汗と菌が多いのには次のような理由があります。

やっぱり不衛生はダメ

足にはもともと常在菌と呼ばれる菌がいます。
常在菌は皮膚の表面を弱酸性に保ち、皮膚を守ってくれる働きがあるのですが、数が増えすぎると臭いを発生させてしまいます。

足を不衛生にし、皮脂や古い角質が残っていると、それらをエサにしている常在菌は増えてしまいます。
常在菌をちょうどいい数に保つためには、いつも足を清潔にしておく必要あります。

高温多湿で菌が繁殖

足は「エクリン汗腺」という汗腺から出ます。
この汗腺は体中にあり、足の裏にもたくさんあります。足は人体の中でも、汗をかきやすい場所です。

さらに、ストッキングや靴下などで湿気を閉じ込めたうえに、その上から靴やブーツも履きます。
それも、ほとんど毎日、長い時間。
足は高温で蒸れやすい環境に置かれてしまいます。

高温多湿は常在菌の大好きな環境。
汗と一緒に出る皮脂や角質をエサにどんどん増えていってしまいます。
常在菌が増えるほど、足は臭いやすくなります。

また、足と高温多湿といえば水虫を思い浮かべるかと思いますが、この水虫を引き起こす白癬菌も常在菌の一つです。
白癬菌が増えると皮膚の抵抗力が落ちて、菌がますます繁殖する恐れがあります。
水虫のある足は臭いやすい環境にあるといえます。

体質も関係あり

通常、汗の量は気温や運動量によって左右されますが、そういったこととは別にたくさん汗をかいてしまう人がいます。

汗っかきというレベルから、多汗症という病気の診断をされる人までいますが、汗を出すエクリン汗腺は足の裏にもたくさんあるので、汗をかきやすい体質の方はそうでない人に比べ足の臭いのリスクが高いといえます。

また、緊張すると汗をたくさんかいてしまう人もいます。
緊張時の汗は手足にかくことが多く、やはり足が臭う原因となる可能性があります。

誰でも緊張すると汗をかきますが、人並み以上に汗の量が多かったり、すぐに緊張するタイプだったりすると、日常的に汗の量が増えてしまうかもしれません。
体質や精神的な部分も足の臭いの原因となりえます。

足の臭いの正体はコレ!

足の臭いの原因は汗と常在菌。
この二つが増えすぎると臭いを発生させます。
では、あのイヤな足の臭いは何が臭っているのでしょうか?

足の臭いの正体は、常在菌が汗と一緒に流れ出た皮脂や角質を分解したときに発生させる「イソ吉草酸」という物質です。
くさや級の悪臭といわれる足の臭いは、このイソ吉草酸が放出されることで発生します。

よく足の臭いは納豆のような臭いと表現されますよね。
それもそのはず、イソ吉草酸は納豆にも含まれている物質で、納豆が発酵する過程でもイソ吉草酸が生み出されています。
納豆のニオイもイソ吉草酸が発しているものなのです。

足の臭い対策とは、このイソ吉草酸を発生させないようにすることが本質といえます。

なぜ、洗っても洗っても足の臭いは消えないの?

体のほとんどのニオイは洗えば消えます。
しかし、足の臭いは洗っても洗っても、なかなか消えません。
消えたとしても一時だけ。
またすぐに臭ってきます。

なぜ、足の臭いはこうもしつこいのでしょうか?

イソ吉草酸が落ちにくいから

足の臭いがなかなか消えないのは、臭いの原因物質であるイソ吉草酸が洗っても落ちにくい性質だからです。
どんなに丁寧に洗っても、イソ吉草酸を完全に洗い流すのは難しいでしょう。

そのうえ、汗をかいて靴の中が蒸れたりすれば、常在菌がイソ吉草酸を作り出し、またすぐに増えてしまいます。
イソ吉草酸を完全に除去できないばかりか、増えてしまうことで足は臭い続けてしまうのです。

足は高温多湿になりやすいから

足は1日にコップ1杯分、およそ200㏄の汗をかくと言われています。
さらに、靴下や靴を履くことで温められ、ますます汗をかきやすくなります。
汗と温かな環境によって、足は高温多湿にさらされることになります。

高温多湿は、臭いの原因となる常在菌の大好きな環境。
繁殖した常在菌は、せっせと皮脂や角質を分解して、悪臭を放つことになります。
高温多湿になりやすいことが、足の臭いを消すのを困難にします。

足の臭い対策

足の臭いを本気で何とかしようと思ったら、足を洗ったり、臭いを消したりといった対策だけでは不十分です。
足は蒸れやすく、汚れやすいため、単純なケアだけでは臭いを断つことはできません。
足の臭いを消すには、足へのケアはもちろん、履くものや体質への対策も重要なのです。

足のケア

足の臭いはイソ吉草酸という物質が原因。
しかし、このイソ吉草酸を完全に除去することは難しいので、イソ吉草酸を作らせないよう菌の繁殖を防ぐことが足の臭い対策につながります。

①石鹸で洗う

足の臭い対策の基本は、足を清潔にすること。
足を洗うことは最も大切な臭い対策です。

でも、毎日しっかり足を洗っているのに臭いが取れないんですという方がいらっしゃいます。
そのようなは、洗い方に問題があるかもしれません。

足を洗うときは、体と同じボディーソープではなく固形石鹸で洗いましょう。
ボディーソープには保湿成分が含まれているものがあり、かえって汗をかきやすくする恐れがあります。
体と足は石鹸を使い分けるのがオススメです。

また、殺菌成分が入っている石鹸を選ぶと、足の臭いにはより効果があります。
このような殺菌作用のある石鹸には医薬部外品に指定されているものがあり、高い殺菌効果が期待できます。

足を洗うときに気をつけたいことは、足指の間を忘れずに洗うことです。
手の指を使い、一つ一つの足指の間をしっかり洗いましょう。

洗い終わったら、しっかり乾かすことも大切です。
タオルなどで水分を拭き取るのもいいのですが、オススメはドライヤーで指の間を乾かすこと。
タオルだけで指の間まで完全に水分を取るのは至難の業です。
ドライヤーを使えば、短時間でしっかり水分を取ることができます。

洗う、乾かすは足の臭い対策の基本なので、正しい方法で行うようにしましょう。

②ミョウバン水で殺菌する

足の臭いは菌の繁殖が原因ですから、足を殺菌することも効果的な対策です。
あまりお金をかけずにできて、殺菌効果の高い方法がミョウバン水を使った殺菌です。

ミョウバン水とは、スーパーなどで売っている「焼きミョウバン」を水に溶かしたものです。
ミョウバンには殺菌・制汗作用があり、足の臭い対策にはうってつけのアイテムです。

作り方は簡単。
1.まず、ペットボトルに焼きミョウバン20グラムと水500ミリリットルを入れます。
2.ミョウバンと水を入れたペットボトルを振ります。
3.日陰の涼しい場所で1~3日置いておきます。
白濁していたミョウバン水が、透明になったら出来上がりです。

このミョウバン水は原液ですので、使うときはスプレーボトルに移し、水で10倍程度薄めてから使用します。
使うときは、足を洗って清潔にしてから、このミョウバン水をスプレーするだけです。
靴下や靴は、ミョウバン水が乾いてから履くようにしましょう。

ミョウバン水は、足の臭いだけでなくニキビなどにも使えますから、作り置きしておくと便利ですよ。

③重曹で臭いを中和する

足の臭いが特に強い方には、重曹を溶かしたお湯で足湯をするのがオススメです。
重曹は「炭酸水素ナトリウム」の白い粉のことで、ドラッグストアやスーパーなどで手軽に購入できます。

重曹は弱アルカリ性で、臭いの原因物質である弱酸性のイソ吉草酸を中和する働きがあります。
これにより、イソ吉草酸が放つ臭いを脱臭する効果が期待できます。

やり方は、まずお湯2リットルと重曹大さじ5~6杯をペットボトルに入れ、よく振ります。
これを洗面器に移し、15~20分ほど足を浸します。
この足湯を、数日続けると、ひどい足の臭いも消えることが多いようです。

重曹は安く手に入るので、毎日のケアとして使えるのもうれしいところです。

④デオドラント剤を利用する

足の臭い対策の基本は、汗を抑えることと殺菌すること。
この2つを簡単にできるのが、デオドラント商品を利用することです。

デオドラント商品には、汗を抑える“制汗タイプ”と臭いを抑える“殺菌タイプ”があります。
汗をたくさんかいて、足の蒸れに悩んでいる方は制汗タイプを、汗は大したことないのに臭いがひどいという方には殺菌タイプが適していますが、オススメは殺菌作用と制汗作用を兼ね備えたタイプです。

汗を抑えるだけでも、臭い対策にはなるのですが、殺菌作用があった方がより長い時間消臭効果が望めます。
また、制汗と殺菌を同時に行うことで、一時の消臭効果だけでなく、足の臭いを根本的に解消することにもつながります。

今は良いデオドラント商品がありますので、これを利用しない手はないですよね。

⑤角質をマメにケアする

足の臭いの原因となる常在菌は、古い角質を分解することで臭いを発しますので、角質をケアすることも臭い対策になります。

足の角質は主にかかと部分に多く溜まっていきます。
蒸れた足の角質は水分で柔らかくなり、菌がどんどん分解してしまいます。
角質を菌のエサにしないために、マメに古い角質を取り除くことが大切です。

角質を取り除く方法としては、軽石などで削る方法がありますが、素人が行うと本来必要な角質まで削ってしまう恐れがあります。
安全に角質をケアするには、ピーリングジェルなどを使うことがオススメです。

ピーリングジェルなら、軽くこするだけで、古い角質がボロボロ落ちていきます。
定期的にピーリングすれば、菌が分解する角質が減り、臭いを消すことにつながります。

しかし、早く臭いを消したいからと、ピーリングのやりすぎには注意が必要です。
多くても月1回程度に留めておきましょう。

⑥爪をマメに切る

マニキュアを塗りたくて伸ばしている爪。
その爪も足の臭いの原因になっているかもしれません。

爪の裏は皮脂や垢などの汚れがたまりやすい場所です。
そのままにしていると、菌の繁殖を許し臭いを放つことになりかねません。

爪の裏の汚れを洗って落とすのは難しいです。
足の臭いを撲滅したいなら、爪は伸ばさずに切りましょう。

足の爪は指がちょうど隠れるくらいの長さがベスト。
マメに切って、長さを整えるようにしましょう。

靴のケア

足の臭いの元でもある菌は靴にも移ります。
せっかく足のケアをしても、靴が菌でいっぱいなら履いた瞬間から臭う足に逆戻りです。
足の臭いを解消するには、足だけでなく靴のケアもしましょう。

①靴をローテーションで履く

同じ靴を毎日履くことが、足を洗っても臭ってしまう原因になります。
靴は1日履くとかなりの汗を吸います。
その靴を翌日また履いたのでは、湿気がなくなる時間が足りません。
1度履いた靴は休ませることが必要です。

できるなら3以上足の靴をローテーションして履くのが理想です。
普段履く靴は複数用意し、毎日履き続けないことが鉄則です。

②靴を天日干しで消毒

靴を休ませるときは、天日干しでしっかり湿気を乾かし菌を消毒しましょう。
水洗いできる靴は、洗ってから天日干しするとなお効果的です。

革靴のような日光に当てられない素材の靴は、風通しのよい場所で影干しでもOKです。
菌はお日様の光と風が大嫌いなので、積極的に活用しましょう。

③消臭インソールを使う

足の臭いを抑えつつ、靴のケアができるアイテムが消臭機能をもったインソール、つまり中敷きです。
消臭機能をもったインソールには、除菌機能や汗を吸収する機能があり、靴にインソールを入れるだけで靴のケアにもなります。

もちろん、今臭ってほしくない臭いも消してくれるので、二重にうれしいアイテムといえます。
靴に入れるだけの手軽さも見逃せないメリットです。

靴下のケア

靴を脱いだときに、一番臭っているのは靴下やストッキングです。
靴下やストッキングは、足と直に触れているので、汗とともに皮脂や古い角質を吸ってしまいます。
当然、常在菌も靴下に移り、靴下の繊維の中で皮脂や角質を分解し、臭いを放つことになります。

臭いを根絶するには、靴下のケアは不可欠。
靴下対策無くして、足の臭い対策はありませんよ。

①殺菌力のある洗剤で洗う

一度履いた靴下には相当数の菌が移っています。
靴下を洗うときには、この菌をどこまでキレイにできるかがポイントになります。

できるだけ菌を取り除くには、洗濯機に入れる前に殺菌効果のある石鹸で手洗いをするのが効果的です。
殺菌効果のある石鹸は、手を洗うためのものでも構いません。

また、洗うときは裏返しにして洗うのが基本です。
靴下は足に直接触れる裏側に皮脂や角質がつくので、裏返しにして洗った方が効果的に落ちるのです。

他の衣類と一緒に洗う前のひと手間が、足の臭いを大きく分けますよ。

②通気性のいい素材を選ぶ

足の臭いの元となる汗を減らすためには、靴下の素材にも気を配りましょう。
通気性のいい素材の靴下を履くことも、足の臭い対策につながります。
通気性のいい素材の靴下なら、汗を放出させることができ、蒸れを減らすことができます。

ストッキングはかなり通気性が悪くできれば避けたいところ。
ナイロン製品は履かないほうが賢明です。
また、綿100%も汗の吸収性がよく、蒸れやすいのでオススメできません。

通気性のいい素材には、麻やシルク、絹とレーヨンなどの混紡素材があげられます。
見た目を気にしなければ5本指ソックスも効果的です。

③足が乾いてから履く

靴下の中が蒸れる原因として、濡れた足が乾ききっていないうちに靴下やストッキングを履いてしまうことがあげられます。
特に指の間が乾いていないのに履いてしまうと、1日湿ったままになる可能性もあります。
そのような環境は、菌の繁殖を助けるようなものです。

靴下やストッキングを履くときは、足が完全に乾いてから履く。
靴下のケアとはちょっと違うかもしれませんが、大切なことです。

体質の改善

汗は体から出るものですから、体質は足の臭いにも影響します。
体質の改善は、臭いを劇的に解消するものではありませんが、中長期的には大切なことです。
体質を改善して、できるだけ臭わない体になりましょう。

①食生活を変える

食生活を変えることで、汗の質と発汗作用に影響を与えることができ、足の臭い改善の助けとなります。

避けたいのは肉や乳製品中心の食生活。
このような食生活を送っていると、動物性タンパク質や脂質が皮脂の分泌を促し、足の臭いの元を増やすことになります。

また、これらの食事は発汗を活発にする作用もあり、足を臭いやすい環境にしてしまいます。
足の臭いを改善するには、こういった食事を控え脂の少ない和食中心の食事に変えることが望ましいです。

大豆類、魚介類などは良質のタンパク源として積極的に摂たい食材です。
緑黄色野菜を含め野菜も欠かさず摂りましょう。

日本人は食生活が欧米化したことで、体臭がキツくなったと言われています。
足の臭い対策には、和食がいいようです。

②ストレス対策を心がける

緊張すると手汗、足汗がスゴいという方いらっしゃいますよね。
ストレスには発汗作用があり、常にストレスにさらされていると汗の量が増えて、足の臭いにも影響を与えます。

ストレスによって汗が出やすい人と、そうでもない人はある種体質の違いといえるので本質的な改善策はないのですが、ストレスにどう対応するかで症状は変わります。

仕事や人間関係のストレスは、解決が難しい問題に腕まくりして取り組むより、気楽に対処した方がいい結果になることが多いといいます。
問題解決に固執せず、リラクゼーションや趣味などでストレスを発散するよう考えた方がいいかもしれません。

また、足の臭いを気にするあまり、それがストレスになる場合もあります。
汗は気にするほど出ますので、やはり必要以上に神経質にならないよう気持ちをコントロールすることも必要です。

足は非常に汗をかきやすい場所。
ストレスは足汗の大敵です。
大なり小なり、誰でもストレスを抱えていると思えば、自分だけが苦しんでいると思わないで、気楽さを取り戻せるかもしれませんよ。

忙しいあなたにオススメの臭い対策

しつこい足の臭いの改善は一筋縄ではいきません。
一つの対策だけでは、なかなか消えないのが足の臭いです。
ここまでいろいろな足の臭い対策をご紹介してきましたが、時間に追われる現代社会で全てを実行するのは難しいと思います。

そこで、忙しいあなたにオススメしたいのは、足、靴、靴下のケアを各一つずつでいいので、自分でできることに取り組んでみることです。
足のケアだけ2つ、3つやるよりは、この3つのケアを一つずつ取り組んでみてください。
そして、余裕や興味があれば体質改善にも取り組んでみましょう。

特に、一番面倒な足のケアについては、最も簡単ですぐに効果が実感できるデオドラント商品の利用をオススメします。
殺菌と制汗が同時にできるタイプのデオドラントなら、忙しくて時間がなくても毎日続けることができます。

今、評判が高いのが「クリアネオ」というクリームタイプのデオドラントです。
理由は殺菌と制汗の両方がこれ1本でできて、そのうえ天然成分だけで作られていてお肌にやさしいからです。

殺菌と制汗が同時にできるクリアネオ

クリアネオデオドラントクリームには殺菌成分の“イソプロピルメチルフェノール”と制汗成分の“パラフェノールスルホン酸亜鉛”という2つの有効成分が配合されています。
だから、これ1本で汗と臭いを抑えることができるのです。
殺菌と制汗は、足の臭いを抑えるために絶対的に必要なことです。

臭いを生みだす菌を徹底殺菌!

イソプロピルメチルフェノールは、菌を徹底殺菌し、菌の繁殖を抑制できる成分です。
その殺菌力は99.999%。
足の臭いを10秒で消臭できる即効性も持ち合わせています。
菌の繁殖を抑えることで、今の臭いを消臭できるのはもちろん、臭いの根本的な改善も望めるようになります。

汗を抑えて菌を増やさない

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、汗の出口を塞ぐ作用があり、汗を出にくくする働きをします。
汗を抑えることで蒸れをなくし、菌の繁殖を防ぎ、臭わない足になることができます。
足の環境を改善することが、足の臭いの解消につながります。

さらに消臭成分も

クリアネオデオドラントクリームには、この2つの有効成分に加え「渋柿エキス」も含まれています。
渋柿エキスは、柿渋に含まれる柿タンニンを使った消臭成分で、その消臭効果は消臭剤で使われる茶カテキンの25倍といわれています。
殺菌、制汗、消臭までできるので、たとえ足のイヤな臭いでも高い消臭効果を得ることができます。

クリアネオで毎日楽々ケア

クリアネオデオドラントクリームのもう一つの特徴が、消臭効果が持続することです。
朝1回、クリアネオデオドラントクリームで足をケアすれば、その消臭効果は夜まで続きます。
つまり、朝ケアすれば1日中臭い対策OKということ。

また、クリームタイプなので臭う部分にプッシュしてぬり込むだけでケア終了。
朝の忙しい時間にも、簡単にできます。
1日1回の簡単ケアだけで、終日足の臭いを抑えられるのがクリアネオデオドラントクリームです。

クリアネオ人気の理由

クリアネオデオドラントクリームは、香料や着色料などの刺激物は一切使われていない完全無添加です。
アレルギーテストもクリアしており、妊婦さん以外の方なら安心して使えます。

万が一、お肌に合わなかったり、効果が実感できなかったりした時は、使用何日後でもOKの全額返金保証があるから大丈夫。
安心してお試しできるのもクリアネオデオドラントクリームの人気の理由です。
今すぐ足の臭いを何とかしたい方には、お試しの価値ありです。

足の臭いにも効果あり?クリアネオを足に試しました。

デオドラント剤も上手に使って足の臭い解消!

足の臭いを解消するには、足のケアはもちろん靴や靴下、食生活にも気を配りましょう。
必要なのは、2つでも3つでも自分ができるケアを続けることです。

デオドラントクリームなどを上手に活用すれば、ケアの手間が省けるばかりでなく、さらに高い消臭効果が望めますよ。
汗と菌を抑える対策を組み合わせて、頑固な足の臭いとサヨナラしましょう。